糖質制限で頭痛が起こるメカニズムを探ってみた!

糖質制限ダイエットをしていると、何だか体調がすぐれない。
といった人の中でも、頭痛を訴えている人がいます。

 

「病気かも!?」
とすぐに判断がつかないかもしれませんが、これは、糖質制限ダイエットで起こる副作用のようなものです。

 

一時的なことですので、正しい糖質制限ダイエットをしてれば、頭痛の症状はなくなりますので、ご安心を。

 

糖質制限ダイエットでは、これまで頭痛を始め、イライラ、倦怠感、抜け毛などの症状が見られています。
それは、今までの食事内容とは違うことにトライしている訳ですから、何らしかの体の異変が起こるのも当然のように思います。

 

ですから、糖質制限ダイエットをしていて、頭痛の症状が起こった場合は、糖質不足ですよ!
ということのサインなのです。
そうなんです。
糖質を制限し過ぎていることから起こっているのです。

 

では、どうして糖質制限ダイエットで頭痛が起こるのか、もう少し詳しくお話していていきます。

 

まず、糖質制限ダイエットでは、エネルギー不足に陥って頭痛が起こることがあります。

 

糖質は体の中に入ると、即戦力としてエネルギーとなって動き出します。

 

どういう動きかと言いますと、

  • 筋力アップ
  • 体力アップ

という、重要な役割をしているんです。

 

ですが、糖質を摂らなくても、代替が効くんです。
糖質が摂取できないと分かったら、代わりにタンパク質や脂肪がエネルギーとして使われることになります。

 

「それなら、得に問題ないのでは?」
と思いますよね?

 

ここで、申し上げておくことは、体内でのエネルギー不足となる原因は、タンパク質をきちんと摂取出来ていないと、体の機能は正常に動き出さなくなります。

 

糖質はダメ。
タンパク質もダメ。
となって、どんどんエネルギーが不足していくことで、頭痛が起こってしまう原因となるのです。

 

しかし、頭痛が起こるのは、それだけが原因とは言い切れません。
糖質制限で食べられないことからくる、ストレスからの頭痛の可能性もありますし、体が冷えている、体温調節が出来ていない。
同じ姿勢で長時間いる。
などといったことも、頭痛の原因となり得ます。

 

ですから、糖質制限のせいで頭痛がする!
とは決めつけられませんが、一因になっている可能性はあります。

 

では、糖質制限ダイエットで頭痛がする場合の対処法を、簡単にご紹介します。

 

糖質制限ダイエットは、糖質を全く摂らないのではなく、糖質を減らす方法のダイエットです。
全く摂らなくなると、それこそがエネルギー不足に陥るのです。

 

糖質制限ダイエットをしている間は、体の中ではタンパク質や脂肪がエネルギー源として使われる訳ですから、普段からタンパク質はきちんと摂っておきたいですよね。

 

それなら、良質なタンパク質を摂取して、糖質の量も摂り過ぎず、足りな過ぎずといった、バランスを取っていくことを意識して、頭痛などとはおさらばして下さい。

 

糖質制限ダイエットは、正しいやり方をしないと、体の内外のあちこちで不調が見られるようになります。
健康的なダイエットを行う上では、正しいダイエット方法が大事になってきます。