糖質制限で倦怠感が!ダルいのは副作用?対処方法教えます。

「糖質制限ダイエットを行うと、倦怠感が出る。」
といった声がちらほら聞こえてきます。

 

倦怠感が起こるって、一種の副作用のようなものですよね。

 

休みなく家事をこなさないといけない。
会社で仕事をしている。
などの方々は、倦怠感が出ると支障が出てきますよね。

 

では、糖質制限ダイエットで倦怠感が出る原因は何なのか?
そして、倦怠感の解決策も見て行きましょう。

 

ちょっと長い説明になってしまうのですが、お付き合い下さい。

 

体を動かすことのエネルギー源は、主にブドウ糖です。
特に、脳に関しては、ブドウ糖しか、エネルギー源にならないと言われているんです。

 

普段私たちが食事の中で補っている栄養素は、糖質制限することで、必要な分のブドウ糖を摂り切れないことも当然出て来ます。

 

ブドウ糖は、使われなかった分は、脂肪となって体に溜まってしまいます。
そうすると、太る原因になっているということですよね。

 

ですから、意識的にブドウ糖を避ける糖質制限ダイエットを行うと、脂肪となる分を抑えられるだけでなく、不足していた分のエネルギーのは脂肪を分解するので、
体脂肪の減少にも目を向けられるのです。

 

脂肪を燃焼させて、エネルギーを作り出す時に、肝臓の仕事で作られるのがケトン体。
このケトン体が多く血液中に居座ると、空腹を感じにくくなります。

 

ここで、問題が発生します。
ケトン体が多くなる状態までに、エネルギーが不足すると、そこで倦怠感が出ることになるのです。

 

つまり、糖質制限ダイエットで、きちんとエネルギーが蓄えられないと、倦怠感を感じるという訳です。

 

ですが、倦怠感が出るのは困りますよね?
日常的な生活にも支障が出て来ます。

 

倦怠感の対処法はどんなものがあるのでしょうか?

 

まず、基本的に、糖質制限ダイエットのやり方を見て行くと、お米、パン、麺類、甘い物を、全てカットしなければ、と思うかもしれません。

 

ですが、そうなると続かないと思いませんか?
まずは、ご飯を半分から。
麺を半分から、という風に徐々に糖質を減らして、体に慣らせていかないと、体もびっくりしてしまいます。

 

突然、全てをカットしてしまうことで、ふらふらして倦怠感も出てしまうことがあるんです。

 

糖質は本来体に必要な栄養素です。
摂り過ぎはもちろんダメですが、完全にやめるのは、倦怠感という副作用が出てしまいます。
酷い人は動けなくなることもあります。

 

糖質制限ダイエットをするに当って、張り切って炭水化物を全てカットすると、倦怠感などが起こりますが、要は、糖質を摂り過ぎているだけの話しなんです。
炭水化物をフルカットするというより、糖質を減らしていくことから始めてみましょう。

 

そして、糖質制限ダイエットの要となるのは、高タンパク、低カロリ―ということです。
その為の食事のひと工夫やひと手間は、決して無駄にはなりません。

 

間違ったやり方や、無理なやり方では、倦怠感が出てしまうのも当然かもしれません。
それだけ、体と食事は生きていく上で重要なものなんです。