糖質制限中にアルコールは厳禁!でも飲んでもOKなお酒もあるんです。

糖質制限中にアルコール類はNGだと思われていますが、実は種類を選べば、糖質制限中でもアルコールはOKなんです。

 

どうして、糖質制限中にアルコールダメなのか?
その理由は、アルコール類には、糖質が多く含まれているものが多いからなんです。

 

そして、アルコールに含まれる糖質は、体の中へ吸収していく力が強いので、糖質制限中には適切ではないと言われています。

 

それと同時に、お酒を飲むことで、単に食欲が増すというのも、糖質制限中にアルコールがダメだと言われてしまう理由の一つです。

 

そんな中でも、糖質制限中に飲んでもいいアルコールはあるんです。

 

何でも我慢、我慢では、リバウンドしてしまうことがありますので、セーフな部分を見つけて、糖質制限していくのも、続けていく上では必要です。

 

糖質制限中に飲んでもいいお酒は、蒸留酒に分類されるアルコールです。
蒸留酒とは、熱を加えて気化させたアルコールを冷やし、再び液体に戻す製法でつくられたお酒のことです。

 

蒸留する前は糖質が多いのですが、蒸留することで、炭水化物がカットされるのです。
そんな蒸留酒にはどんなものがあるかと言いますと、

  • ウィスキー
  • 焼酎
  • ウォッカ
  • ジン
  • ブランデー
  • ラム

があります。

 

ただ、蒸留酒はとてもアルコール度数が高いお酒です。
ビールと比べると、7〜8倍は高いですので、飲み過ぎてしまえば、意味がありません。

 

ウィスキーや焼酎は水割りや、炭酸水などで割って飲むことをお勧めします。

 

では、逆に、糖質制限中に飲まない方がいいアルコールは、

  • ビール
  • 日本酒
  • ワイン

となっています。

 

これらのアルコールには、米や麦、ブドウ糖などの原料を、酵母によって発酵させているので、正に炭水化物の塊です。

 

では、「糖質ゼロ」表示のお酒はどうなるのでしょうか?

 

ビールや発泡酒、缶チューハイなどでも、糖質ゼロと表示されているアルコールは、基本的には問題ありません。

 

しかし、糖質ゼロとは、糖質量が0gという訳ではなくて、あくまでも100gあたり糖質量0.5g未満、という意味なんです。
ですから、糖質ゼロに安心して、つい飲み過ぎてしまえば、それは元も子もありません。

 

「糖質ゼロ」と間違えやすい「糖類ゼロ」とは、糖質の一種なのですが、制限されている範囲は広くなく、人工甘味料が入っている可能性もあります。

 

ですから、アルコールを選ぶ時は、「糖類ゼロ」ではなく、「糖質ゼロ」を選ぶようにしましょう。

 

そして、更にややこしいのが「糖質オフ」という表示です。
糖質オフとは、厳密に言いますと、100ml当たりに含まれる糖質が2.5g以下のアルコールを言います。

 

他にも「糖質控えめ」「低糖質」と表示されているものも、「糖質オフ」と同じことです。

 

では、「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」「糖質オフ」にはどんなアルコールが当てはまるのでしょうか?

  • ビール
  • 発泡酒
  • 新ジャンル
  • チューハイ
  • ワイン
  • 日本酒
  • 梅酒

 

糖質制限中に飲めるアルコールは、限られていますが、全く飲めないという訳ではありません。

 

上述しまたように、糖質に関しては、かなり考えられたアルコール類が出てきています。
そういうものを上手くやり繰りして、糖質制限ダイエットを成功させましょう。