糖質制限は揚げ物OK?食べちゃダメな揚げ物とは?

「糖質制限ダイエットをしているのに揚げ物なんて、絶対NGでは?」
そう思っちゃいますよね。

 

ですが、糖質自体をカットすれば、油が脂肪に変わることはないので、糖質制限をしていても揚げ物はOKなんです!

 

ですが、それには条件があります。

 

使う油やパン粉に、一工夫しなければなりません。

 

それでは、油選びとパン粉選びについて学びましょう。

 

〇油選び
油はオリーブオイルを使うのが、一番いいと思います。

 

オリーブオイルは、オレイン酸という成分が配合されていて、血中コレステロールを減少させる働きがあります。
また、中性脂肪を体につきにくくさせてくれる働きもあるので、糖質制限ダイエットをしている方にはおススメです。

 

スーパーなどでお手軽に買えるサラダ油(キャノーラ油)を使ってもいいのですが、使い回すのは問題があります。

 

使い回してしまうと、トランス脂肪酸が作られて、癌、心臓疾患、喘息、アトピー性皮膚炎などを発症してしまうことがあるからです。

 

また、揚げ物を揚げる時は、油の量にも注意しましょう。

 

油の量が少ないと、揚げ物は必要以上に油を吸収して、焦げやすくなります。
そして、余った油は思い切って捨てちゃいましょう。

 

〇パン粉選び
スーパーなどで売られているパン粉は、炭水化物が多く含まれていますので、糖質制限している間は使うのはやめましょう。

 

その代わりとなるのが、おからでできたパン粉です。
おからでも味も見た目も、普通のパン粉と変わりません。

 

おからの他には高野豆腐をパン粉の代わりにするのがおススメです。
高野豆腐は低糖質で、糖質制限ダイエットをするには最適です。

 

手間はちょっとかかりますが、高野豆腐をおろし器ですりおろして、パン粉の代わりにします。

 

こういった、ひと手間、ひと工夫が、ダイエットには大事になってきます。

 

ここまでは、自分で揚げ物をする場合の注意点です。
ここからは、もう出来上がっている揚げ物について、糖質制限ダイエット中に食べてもOKな揚げ物と、NGな揚げ物をご紹介していきます。

 

〇糖質、炭水化物の多い揚げ物
基本的に、小麦粉+卵+パン粉をつけて挙げている物のことです。

 

このスリーステップで揚げている揚げ物は、当然NGです。

 

・とんかつ、エビフライ、カキフライ、オニオンリング、コロッケ、メンチカツ、アジフライ、串カツ

 

〇糖質、炭水化物は多くないけど、食べるのには気を付ける揚げ物
基本的に、小麦粉揚げ、片栗粉揚げ、天ぷら、フリッターなどのものです。

 

・鶏のから揚げ、タコのから揚げ、魚介のフリット、海老天、鶏の天ぷら

 

このように、衣の多い天ぷら系はNGです。

 

〇糖質、炭水化物の少ない揚げ物

 

素揚げ(衣なし)で揚げられる、野菜の素揚げ、エビの素揚げなどは食べてもOKです。

 

「こんなに制限されるなら、揚げ物でもNGなものばかりじゃん。」
と思うかもしれません。

 

どうしても、揚げ物を食べたい時は、一度に食べる量は少な目にして、衣を残すなどの工夫をすれば、大丈夫です。